2017年6月16日金曜日

さしあたり。

昨秋、仏検2級に受かったものの、点数の取り方に偏りがあった。
前半の穴埋めが壊滅状態で、後半の読解とディクテで救われたようなもの。
ということで、ほとんど手を付けずに終わっていた仏検2級用の問題集を一度回してみることにする。

頭打ち感を打破するための第一歩。
まずはやってみよう。

2017年6月5日月曜日

これからどうするか。

DELF A2の試験が終了。
秋に仏検準1級を受けるかどうか、思案中。

DELFと仏検とでは、試験の形態が違い、自分にとっては、DELFの方が性に合っている。
DELFの場合、事前の対策がしにくく、当日出題された内容に対して、臨機応変かつ柔軟に対応することが求められるところが、難しいながらも面白い。私は、「試験」というより「試合」という感覚で臨んでいる。
翻って仏検は、ザ・日本の試験。大学受験を思い出す。「対策」が効きやすい世界観。
それぞれ、受験者に対して求めているポイントが違うように思う。

一応、今年でフランス語学習も3年目に入ったが、2016年10月から2017年3月まではまともに勉強時間が取れず、半年ブランクが空いたようなもの。そして4月・5月も、既習の文法の問題集を1回回しただけで終わってしまった。
今一度、勉強方法について考え直そうと思う。








2017年2月18日土曜日

ほっ。

仏検2級・準2級に合格していた。
10月以降、思うように勉強時間が取れず、不本意な形での受検となったが、さしあたり結果を残せたことはよしとしたい。

何とかして勉強時間を確保し、春はDELF A2を受けたいと思っている。